Trolltechそのものの理念がまったく持って感じられないというか、オープンソースとしても中小ISVとしても不思議な選択になってしまった。
これが今までの一貫性を一切感じない最大の理由は、もはやいままでQtのやってきたことは第一レベルの戦略ではなく、Nokiaの戦略に付随する戦術の一形態に過ぎなくなった、ということである。

当然だろう。変わったのはTrolltechでもQtでもなく、それらをとりまく時代なのだから。おそらくそれに追従するのが正しいのだと思う。

重要なのは、理念や目的の正しさより、手段としての有用性だ。今の時代、多くのものが理念やイデオロギー的なものより、実際に有効かどうかにシフトしているように感じる。今回の決断も、それに沿っているように見える。